防災対策(飛散防止)フィルム

万一の際の二次災害を防ぎます。

地震や台風などの災害時に、大きな衝撃で窓ガラスが割れて飛び散るのは大変危険です。
ガラスフィルムは衝撃を低減させるとともに、飛散を防ぐことで二次災害を防ぎます。

災害時にガラスが割れないよう、事前に対策しましょう。

地震や台風・突風などの災害時に強い衝撃で割れたガラスは、鋭い破片となって辺り一面に飛び散ります。
破片が直接当たったり、避難の際に飛散したガラスを踏んだりして、重大な怪我をする危険性があります。
防災対策として飛散防止用のガラスフィルムを貼ることで、危険なガラス片の飛び散りを大幅に軽減できます。

強い衝撃によって割れたガラス

飛散防止フィルム工事中

施工事例

  1. 今年もよろしくお願い致します! 世の中が平和で有ります…
  2. 戸塚区のお宅でサンルーム増設にあたり透明タイプの遮熱…